金融緩和とは・・・



事あるごとに取り沙汰される金融緩和という言葉。最近ではアベノミクスによる政策のひとつとしてメディアでも頻繁に耳にしますので聞いたことがあるという人がほとんどなのではないでしょうか。

金融を緩和するとは一体どのような意味なのでしょう。具体的に誰が何の目的で何をするのかイマイチ分からないというかたもいるかもしれません。政策というと難しいのでは?というイメージがありますが金融緩和事態は、実はとても単純な政策になります。

目的はというと、もちろん景気を良くするため。アベノミクスの政策の目的はデフレからの脱却ですので金融緩和というひとつの政策を選択したわけですね。

では具体的に誰が何をするのか?上でも言いましたがとても単純です。日本銀行がお金の量を増やす。これだけのことなのです。しかし、実際にはお札や硬貨を造幣するということではありません。数字上のお金を増やすのです。

日本銀行がお金を増やすことで、日本銀行から借りている民間銀行はより多くの資金を得ることができます。さらに民間銀行はより多くの企業や個人に向けて貸し付けることができるようになりますね。そうすることで世の中に流れるお金が増えるということになります。 世の中にお金が増えるとどうでしょう。企業のお金が増えれば給料が増えたり、より多くのものが作れたりと、お金の面では経済にとって良い影響を及ぼすことになるのです。

金融緩和による弊害や副作用も当然ないわけではありませんが、ここでは言葉の説明にとどめておくこととします。


少し余談!管理者お勧めサイト

私、管理者が考える金融緩和ですが政府の対策がうまく進むとみんなのお金の使い方が少しずつ変わっていきますね。
私の趣味は、バイクや車をいじる事が好きなのですがなかなかお小遣いが増えない(年々、減ってきている・・・)ので趣味に使えるお金が少なくなっています。
本当なら週末、バイクや車をいじりたいと考えますが不景気って事もあってか、思うように趣味にお金&時間を使うことができてません・・・。

以前、お世話になっていた通信販売専門の工具屋さんです。
このお店は、通常私が使うであろう工具のみを低価格で取り揃えているので、通販で工具を探している人にはお勧めです。

アベノミクスの金融緩和がうまくいってほしいです。
そうしたら、趣味に使えるお金ができると思いますね。